長期間装備しているスキーアタッチメントに注意

gf0110053994l

 

スキーアタッチメントを取り外すのが面倒と考えて取り外していない人が結構多いでしょう。そのような人は注意していないと大変なことになりますので注意してくださいね。

 
まず、スキーアタッチメントは基本的に使わない場合は取り外したほうが良いことはわかっていますね。確かに設置していることで、いつでも使えるかもしれませんが、設置し続けると鉄の部分が錆びてスキーアタッチメントを壊すことがありますので注意してください。特に取り外しのできるタイプは注意をしておいた方が良いでしょう。錆が酷いとスキーアタッチメント自体が壊れて折れることがあります。場合によっては運転中に落ちて後ろの自動車の窓ガラスに刺さるということもありますので注意してください。それに、冬になってスキーを設置した時にスキーの重みでそれが外れて大事故になるということが結構多いので注意してください。

 
次に、これは雪が降る地域に限ったことですが、スキーアタッチメントを装着したままにしているとそれに雪が付着してしまうことがあります。それによって雪が屋根から落ちないことがありますので注意してください。特に、雪の多いところだとスキーアタッチメントのせいで雪が大きくなり自動車を押しつぶすこともありますので注意しましょう。